【SSO機能あり】休職者操作マニュアル

SSOを使用している会社で、休職する従業員のSSO使用を不可にする場合は以下の手順をおこなってください。会社と個人のメールアドレスどちらも登録されている場合は「3.休職日の設定をする」から行ってください。

目次
会社のメールアドレスのみ登録されている場合
1.個人メールアドレスの登録をする ※登録のタイミング:休職日(最終出社日)前まで
2.パスワードを登録する(従業員作業) ※登録のタイミング:休職日(最終出社日)前まで
3.休職日の設定をする ※休職日の設定を一番最初に行っても構いません。
4.SSOの除外設定をオンにする ※設定のタイミング:休職日(最終出社日)前日
5.SSOの除外設定をオフにする ※設定のタイミング:復職日

■会社と個人のメールアドレスどちらも登録されている場合
1.休職日の設定をする 
2.SSOの除外設定をオンにする ※設定のタイミング:休職日(最終出社日)前日
3.SSOの除外設定をオフにする ※設定のタイミング:復職日

1.個人メールアドレスの登録をする 

会社のメールアドレスのみ登録されていて、休職中にSSO使用が不可の場合には
以下の手順で個人メールアドレスの登録を行ってください。

[管理者機能]-[従業員管理]

mceclip0.png

①管理者機能の「従業員管理」をクリックします。
②「人事関連」-「従業員一覧」をクリックします。

mceclip1.png

③社員番号や氏名などを入力して従業員を検索します。

mceclip2.png

④「雇用」クリックします。

mceclip3.png

⑤画面上部の「基本設定」をマウスオーバーして、「メールと言語の設定」をクリックします。

mceclip5.png

⑥「編集」をクリックします。

mceclip6.png

⑦「個人メールアドレス」を入力します。
⑧管理者ご自身の「パスワード」を入力します。
⑨「保存」をクリックします。
《項目の説明》

mceclip7.png

以上で個人メールアドレスの登録は完了です。

2.パスワードを登録する(従業員作業)

本マニュアルの「1個人メールアドレスの登録をする」で管理者が登録した個人メールアドレス宛に、従業員本人がパスワードリセットメールを送り、パスワードの再設定を行います。
※パスワードリセット方法はこちらのマニュアル「パスワードを忘れてログインできない」をご確認ください。

3.休職日の設定をする

休職開始日が確定したら休職日をシステムに登録します。

[管理者機能]-[従業員管理]

mceclip8.png

①管理者機能の「従業員管理」をクリックします。
②「人事関連」-「従業員一覧」をクリックします。

mceclip9.png

③社員番号や氏名などを入力して従業員を検索します。

mceclip10.png

④「雇用」をクリックします。

mceclip11.png

⑤画面上部の「基本設定」をマウスオーバーして、「休職・産休・育休」をクリックします。

mceclip12.png

⑥「休職を追加する」クリックします。

mceclip13.png

⑦休業種類で『私傷病休職/介護休職/長期休職(その他)』のいずれかを選択します。
⑧「保存」をクリックします。

mceclip14.png

⑨開始日の空欄をクリックします。
⑩カレンダーで休職開始日を設定します。
※休業終了日が確定している場合は、「終了日」の日付も合わせて設定します。
⑪「保存」をクリックします。

4.SSOの除外設定をオンにする 

休職中にSSOが使用不可の場合には、SSO対象除外の設定が必要です。最終出社日前に以下の手順でSSO対象除外の設定をONにしてください。
休職中、従業員は個人メールアドレスとパスワードでWorkcloudにログインできるようになります。

[従業員管理]-[人事関連]

mceclip15.png

①管理者機能の「従業員管理」をクリックします。
②「人事関連」-「従業員一覧」をクリックします。

mceclip16.png

③社員番号や氏名などを入力して、従業員を検索します。

mceclip17.png

④「雇用」をクリックします。

mceclip18.png

⑤画面上部の「基本設定」をマウスオーバーして、「メールと言語の設定」をクリックします。

mceclip19.png

⑥「その他のメールの設定」の「編集」をクリックします。

mceclip20.png

⑦「SSO対象から除外する」をオンにします。
⑧「保存」をクリックします。
【補足】
SSO対象から除外すると、最終出社日の翌日から休職日まではWorkcloudに登録している会社メールアドレスと個人メールアドレスは、どちらも有効なログインIDとして使用することができます。
※Workcloudにログインする際はSSO対象から除外されているため、パスワードの入力も求められます。
※パスワードリセット方法はこちらのマニュアル「パスワードを忘れてログインできない」をご確認ください。

5.SSOの除外設定をオフにする
従業員が復職する場合は、復職日以降に「SSO対象から除外する」の設定をオフにしてください。これにより復職日以降はSSOで従業員がログインできるようになります。

[従業員管理]-[人事関連]

mceclip21.png

①管理者機能の「従業員管理」をクリックします。
②「人事関連」-「従業員一覧」をクリックします。

mceclip22.png

③社員番号や氏名などを入力して、従業員を検索します。

mceclip23.png

④「雇用」をクリックします。

mceclip24.png

⑤「メールと言語の設定」をクリックします。

mceclip25.png

⑥「編集」をクリックします。

mceclip26.png

⑦「SSO対象から除外する」をオフにします。
⑧「保存」をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk