カスタムテーブルのインポートマニュアル

カスタム・テーブルの項目は、ファイルのインポートで登録することができます。
ここでは、登録するデータの作成方法とアップロード方法について記載します。

目次

1.新規データを入力してアップロードする場合
■作成手順
■アップロード手順


2.データの上書きをしてアップロードする場合
■作成手順
■アップロード手順

 

3.新規追加と上書きを同時にしてアップロードする場合

■作成手順

■アップロード手順


3.追記した行のデータのみをアップロードする場合
■作成手順
■アップロード手順

 

1.新規データを入力してアップロードする場合

■作成手順

「管理者機能」-「データ・インポート」

mceclip0.png

①管理者機能の「データ・インポート」をクリックします。
②「カスタム・テーブルのインポート」をクリックします。

mceclip2.png

③ドロップダウンリストより該当のファイル名を選択します。
④「テンプレートをダウンロード」をクリックします。

mceclip4.png

⑤ダウンロードしたファイルを開いて、8行目以降に必須項目を入力します。
※C列の「記録番号」は空欄のままにします。

mceclip23.png

※エクセルシートの8・9行目のデータの入力が完了しました。

mceclip2.png

⑥ファイル形式を「.xls」に変更します。
⑦「保存」をクリックします。

 

■アップロード手順

mceclip3.png

①管理者機能の「データ・インポート」をクリックします。
②「カスタム・テーブルのインポート」をクリックします。

mceclip4.png

③ドロップダウンリストより該当のファイル名(カスタムテーブルの名称)を選択します。
④添付ファイルを選択します。
⑤取り込みたい「データの最初の行番号」を選択します。
※上の図の例では、取り込みたいエクセルシートのデータの最初の行番号が8行目のため、「データの最初の行番号」でも「8」を選択しています。
⑥「アップロード」をクリックします。

mceclip5.png

⑦表示されたデータを確認して、「インポート」をクリックします。

mceclip6.png

※インポートが完了しました。

mceclip7.png

 

2.データの上書き(変更)をしてアップロードする場合

データの修正などを行って、上書きしたデータをアップロードには以下の手順を行ってください。

■作成手順

「管理者機能」-「データ・インポート」

mceclip0.png

①管理者機能の「データ・インポート」をクリックします。
②「カスタム・テーブルのインポート」をクリックします。

mceclip1.png

③ドロップダウンリストより該当のファイル名を選択します。
④「テンプレートをダウンロード」をクリックします。

例)エクセルシートI列8行目の支払日を修正する場合

mceclip24.png

⑤ファイルを開き、8行目I列のセルをクリックして上書きします。
※C列の「記録番号」はそのまま残します。

mceclip25.png

※上書きしました。

mceclip3.png

⑥ファイル形式を「.xls」にします。
⑦「保存」をクリックします。
この後は、こちらのアップロード手順を再度行ってください。

 

 

3.上書きと新規追加を同時に行いアップロードする場合

■作成手順

「管理者機能」-「データ・インポート」

mceclip0.png

①管理者機能の「データ・インポート」をクリックします。
②「カスタム・テーブルのインポート」をクリックします。

mceclip1.png

③ドロップダウンリストより該当のファイル名を選択します。
④「テンプレートをダウンロード」をクリックします。
例)エクセルシート8行目を上書き、11行目を新規追加する場合

mceclip2.png

⑤ファイルを開き、8行目の修正したいセルをクリックして上書きします。
⑥続けて、11行目に新規追加します。
※C列の「記録番号」はそのまま残します。

mceclip3.png

⑦ファイル形式を「.xls」にします。
⑧「保存」をクリックします。
この後は、こちらのアップロード手順を再度行ってください。

 

4.追加した行のデータのみをアップロードする場合

エクセルシートの新しい行に追記したデータのみをアップロードには以下の手順を行ってください。

■作成手順

「管理者機能」-「データ・インポート」

mceclip5.png

①管理者機能の「データ・インポート」をクリックします。
②「カスタム・テーブルのインポート」をクリックします。

mceclip6.png

③ドロップダウンリストより該当のファイル名を選択します。
④「テンプレートをダウンロード」をクリックします。
※このとき、すでに登録されているデータもダウンロードされます。

例)エクセルシートの10行目にデータを追記する場合

mceclip7.png

⑤ダウンロードしたファイルを開いて、空白の行に必須項目を入力します。
※10行目のC列の「記録番号」は空欄のままにします。

mceclip27.png

※エクセルシートの10行目のデータの入力が完了しました。

mceclip8.png

⑥ファイル形式を「.xls」にします。
⑦「保存」をクリックします。

 

■アップロード手順

以下の手順でWorkcloud にファイルをアップロードしてください。

mceclip16.png

①管理者機能の「データ・インポート」をクリックします。
②「カスタム・テーブルのインポート」をクリックします。

mceclip17.png

③ドロップダウンリストより該当のファイル名(カスタムテーブルの名称)を選択します。
④添付ファイルを選択します。
⑤「データの最初の行番号」を選択します。
※上の図の例では、取り込みたいエクセルシートのデータが10行目のため、「データの最初の行番号」でも「10」を選択しています。
⑥「アップロード」をクリックします。

mceclip18.png

⑦表示されたデータを確認して、「インポート」をクリックします。

mceclip19.png

mceclip20.png

※インポートが完了しました。

【補足】

カスタムテーブルにインポートされたデータは記録番号の古い順から表示されます。そのため、自由に順番を入れ替えることはできません。

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk