2020年7月6日(月)夜間にリリースされる新機能のお知らせ

日程:2020/7/6(月曜日)22:00~24:00

リリースによるシステムダウンタイム:なし

リリース内容:


<機能改善>

 1、ビザ・在留資格証明資料の画像添付機能の改善

添付画像を「両面必須/片面必須/両面任意」が選択で設定できるようになります

 

2、従業員と管理者で銀行口座の登録可能数を別に設定できるようになります。

 銀行口座登録数は会社の設定で一律の設定になっていましたが、従業員自身では1口座のみ登録可能、管理者権限では2口座登録などの設定が可能になります。

 

3、休暇申請を同月に限定する設定の追加

 月を跨ぎ複数日の休暇を申請した場合、前月タイムシートがロックされていると当月以降の申請を従業員が変更することができない問題があるため、月を跨いだ申請を禁止できる設定を追加します。

 

4、手当を貸方・借方のGLコードにマッピングできる機能の追加

これにより支払対象外の手当もGLコードにマッピング可能になります。

 

5、年次有給の取得率レポートを上長機能のレポートに追加します。 

 

6、上長機能の一括ダウンロード表示の改善

部署のレポートに表示されているもの全てを一括ダウンロードできるようになります。

 

7、代休消化期限の単位変更

今まで、30日、60日・・という30日単位の設定から1ヶ月単位で上限6ヶ月まで日数を自由に入力できるようになります。

 

8、タイムシートの”出勤未打刻”などのアラートラベルをホーム画面の打刻パネルにも表示されるようになります。(7/6追記:リリース延期されます)

Screen_Shot_2020-06-04_at_16.10.22.png

9、 勤怠対象者以外のトップページ・メニューから休暇・不在項目を隠す(7/6追加)
Workcloudで勤怠機能を利用していない従業員には休暇・不在項目を表示させないよう変更します。

10、勤怠丸め処理の追加(7/6追加)

勤務開始・終了、休憩開始・終了の時間の丸め方法について、切り捨て、切り上げ、四捨五入を一律で追加します。

11、社外アクセス制限種類の追加(7/6追加)

既存の「管理者のみ」、「完全ブロック」、「代行会社のみ」のほか「従業員のみ」を追加します。

12、賞与支払届の元号に「令和」を追加(7/6追加)
2019年5月以降は令和になるように変更しました。

 

 

<バグ修正>

1、タイムシートレポートに表示されない問題の修正

11月(当月)までタイムシートを使用していた従業員が12月(翌月)からタイムシート未使用に変更になった場合、11月のレポートに該当従業員が表示されない問題が修正されます。

 

2、パスワード期限ポリシーとSSO認証の不具合修正(7/6追記:リリース延期されます)

初回ログイン時のタイミングによりパスワード未設定のユーザーにパスワード変更を求められる不具合を修正しました。

 

 

3、工数管理ページのスライダー機能の不具合修正

その月内で出勤打刻のみしかない場合、工数管理ページのスライダー機能で時間設定ができない不具合がありました。

 

4、ホーム画面の私の部署で会社の休日表示が正しくない不具合修正

別の所在地の会社休日が表示される不具合がありました。

 

5、従業員の承認申請メール記載時間とタイムシートの実際の時間が不一致になる不具合の修正

承認申請メール(残業、タイムシートなど)を送信した後にタイムシートの再計算を行なっていたため、メール内に記載されている時間と実際の時間が異なるケースがありました。今後は、タイムシートを再計算してから承認申請メールを送信する仕様に変更されます。

 

6、シフト管理画面から部署が非表示になる不具合修正

部署の全メンバーがシフト対象外になった場合、過去月のシフトが表示されず編集不可になる問題がありました。このケースでもシフトが表示されるように修正されます。

7、Workcloudログイン時のセッションタイムアウト時間変更(7/6追加)

「ログインしたままにする」をオフにしてログインした場合のセッションタイムアウト時間を7日間から30分に変更します。

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk