代理承認者の承認方法を設定する

代理承認を設定すると、通常の承認者が不在の際に申請を承認できます。

この項目では承認者が自分の代理として指定した代理承認者をどのように承認するか設定できます。

1. 管理者機能>承認申請の管理をクリックします


2. 勤怠申請関連>各種の設定>代理承認者をクリックします

3. 編集をクリックします


4. 代理承認者の承認方法と代理承認者の制限をプルダウンメニューから選択します

「承認不要」は指定された代理承認者をそのまま登録します。
「上長の承認が必要」は、指定された代理承認者の登録に上長による承認が必要です。
「承認グループの承認が必要」は、指定された代理承認者の登録に承認グループによる承認が必要です。

「代理承認者は不可」は、代理承認者の登録を認めません。
「管理者のみ設定ができる」は、従業員が代理承認者を指定できず、管理者によってしか登録できません。

代理承認者の制限は、代理人を設定する際に誰を選定できるかとのフィルター・制限の設定です。

 

5. 保存をクリックします

mceclip4.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk