国民の祝日カレンダーを登録する

Workcloudでは翌年の国民の祝日を、毎年2月最初の官報による発表後にシステムに登録しています。

「祝日カレンダーの使用」がオフの設定になっている場合は、その後に以下の手順で翌年の祝日を反映させてください。
ここで設定した祝日が、従業員の月間タイムシートや有休管理のカレンダーに反映します。

 

「祝日カレンダーの使用」がオフ/オンの確認箇所

会社の設定>勤怠・有休関連>休暇・不在の管理
mceclip10.png

※本稼働中の途中変更はできません(過去のタイムシート等への影響があるため)。

 

祝日の反映方法

mceclip0.png

① 「会社の設定」をクリックします。
② 「勤怠・有休関連」をクリックします。
③ 「会社の特別休日」をクリックします。

mceclip1.png

④ 祝日を作成する年を選択します。
 (例)今年が2020年で、来年の2021年を作成する場合は2021年を選択します。
「休日のテンプレート」を選択します。

mceclip2.png

⑥ 「祝日をコピー」をクリックします。

mceclip3.png

⑦ 対象年に祝日がコピーされました。
  続いて「所在地に休日をコピー」をクリックします。

mceclip4.png

⑧ コピーする所在地にチェックを入れます。
  複数の所在地がある場合、反映したい箇所すべてにチェックを入れてください。

⑨ 〈保存〉をクリックします。

  mceclip7.png

⑩ 「選択した休日を指定した所在地にコピーしました。」とメッセージが表示されます。

mceclip9.png

⑪ 設定した所在地を選択して、祝日が反映されたことを確認してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk