【36関連】 対象の従業員を追加する

「36関連ダッシュボード」機能には、36協定時間の残業時間モニターや打刻漏れ等の勤怠アラートや分析画面があります。

この機能を使用開始した時には、その時点で在籍している従業員について勤怠アラート対象とする/しないの設定を行います。

使用開始後に新たに入社した従業員が勤怠アラート対象者となる場合は、以下の手順で追加設定を行ってください。

 

mceclip1.png

① 「36関連ダッシュボート」をクリックします。
② 「設定」をクリックします。
③ 「アクセス権の管理」をクリックします。

 

■対象者を一覧から選択する

mceclip3.png④ 画面下部に表示された従業員から対象者に「従業員ダッシュボード」「アラート」にチェックを入れます。
対象者が上長である場合は「上長ダッシュボード」にもチェックを入れます。

mceclip4.png

⑤ 画面上部に「ダッシュボードを有効にしました」「アラート対象にしました」とメッセージが表示されます。

mceclip6.png

⑥ ④でチェックを入れることで「従業員通知」(従業員へのアラートメール通知)もONとなります。
「上長ダッシュボード」にもチェックすると、「上長通知」(部下からのアラートメール通知)もONとなります。

 

■対象者を指定して設定する

mceclip7.png

④ 従業員IDや名前、登録メールアドレスを入力して「検索」をクリックします。

mceclip8.png

⑤ 対象従業員が表示されるので、「従業員ダッシュボード」「アラート」(「上長ダッシュボード」)にチェックを入れます。

それ以降は「対象者を一覧から選択する」と同じです。

 

設定した内容は、対象従業員の「従業員管理>従業員の設定>雇用条件」の下部分『36関連機能の設定』と連動します。

mceclip13.png

相互連動のため、この画面から設定変更することも可能です。

※「36関連ダッシュボートの使用」をオン→オフに変更しても、「会社の設定」で全員に対してダッシュボードを使用する、の場合はそちらの設定が優先されるため反映されません。
※上長でない従業員に対して「上長の36関連ダッシュボードの表示」をオフ→オンに変更しても、反映されません。

 

mceclip14.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk