管理者用マニュアル①

1.各種設定の確認・変更
従業員に年末調整のウィザード招待メールを送る前に、各種設定の確認・変更を行います。

 

【年末調整ウィザード入力依頼メールのカスタム
社員への年末調整の入力依頼メールに記載される文言を規定の内容から変更することが可能です。

① [会社の設定]をクリックします。
② [会社関連]-「カスタム・メッセージ」をクリックします。

[管理者機能] – [会社の設定] – [会社関連] – [カスタム・メッセージ]
mceclip10.png

③ 「年末調整のウィザード招待メール」をクリックします。
mceclip11.png

④ 日本語、英語、それぞれ招待メールの件名と本文を編集します。
⑤ 〈保存〉ボタンをクリックしてください。
    ※内容を変更しない場合は、〈キャンセル〉ボタンをクリックしてください。
mceclip12.png

 

<メールサンプル>

mceclip0.png

 


【年末調整ウィザードの各種設定

年末調整ウィザードの各種設定の確認と変更が行えます。 

① [会社の設定]をクリックします。
② [給与関連]-「年末調整の設定」をクリックします。

[管理者機能] – [会社の設定] - [給与関連] – [年末調整の設定]
mceclip13.png

③ 画面中段にある「年末調整ウィザードの設定」より下の箇所を確認します。


<年末調整ウィザード各ページの「アクセスの設定」>
ウィザード各ページの項目ごとにアクセスの設定を変更することができます。
編集」ボタンから設定を変更し「保存」ボタンをクリックしてください。
※設定はページごとに行います。
mceclip16.png

「一括で設定する」を使用するとページ内の設定を一括で同じ設定に変更できます。
mceclip17.png

mceclip0.png


<年末調整ウィザード各ページの「カスタムメッセージ設定」>

ウィザード各ページ画面上部に任意のメッセージ(日本語/英語)を追加することができます。
「編集」ボタンから内容を入力して「保存」ボタンをクリックしてください。
※設定はページごとに行います。
mceclip20.png
mceclip0.png

反映例:【従業員のウィザード画面】
画面上部に設定したメッセージが反映されます。

mceclip2.png

 

 

閲覧のみ項目の説明メッセージ

「閲覧のみ」を設定したページに任意の文章を設定する場合は、「閲覧のみ項目の説明メッセージ」で設定します。
「閲覧のみ」とした箇所で、ここで設定したメッセージが表示されます。

mceclip3.png

 

反映例:【従業員のウィザード画面】
画面上部に設定したメッセージが反映されます。

mceclip0.png




2.要チェック者・見直しが必要な方のチェック
アセンダーで初期化後に要チェックの対象になった従業員や今年の新入社員、年末調整の対象外になりそうな方について確認をします。
※確認だけで基本的には行う作業はありません。

アセンダーで初期化作業後に年調ホーム画面に以下チェック画面が表示されます。

mceclip0.png

 

【年末調整対象者のチェック】
入社後給与計算を行っていない従業員は「要チェック」の対象者となっています。
入力依頼メールを送信する前に、年末調整対象者が「要チェック」になっていないか確認してください
※「要チェック」と表示されている方は全員「要チェック」以外のいずれかの設定変更が必要です。
  設定変更はアセンダーにて行います。

要チェック者を確認
① 「要チェック」をクリックします。
② 下段に該当者が表示されます。

 [管理者機能] – [年末調整] – [年末調整] – [年末調整ホーム]
mceclip0.png

 

年末調整の対象者は以下の基準で判定されています。

mceclip6.png


【新入社員の設定】
新規入社があると、年末調整ホームに「給与計算対象者で、今年の年末調整設定が初期化されていない従業員が○人います。」が表示されます。
「未設定の従業員を初期化する」ボタンをクリックした場合、「要チェック」人数に追加されます。
※この操作は、完了するまで多少時間を要します。
mceclip1.png


【年末調整対象外になりそうな従業員のチェック】
招待メール送信前に対象外になりそうな従業員を確認することができます。
「年調対象外」に設定されると年末調整ウィザードの本人入力画面から保険関連入力画面が非表示になります。

 [管理者機能]– [年末調整] – [年末調整] – [対象外の従業員]
mceclip3.png

【書面対応(ウィザード対象外)の設定】
招待メールを送信しない書面対応の従業員は、「紙ベース」の対象に設定します。
※この設定にした従業員は、「証明書回収対象」となります。

① 「紙ベース」の対象に設定をクリックします。 
mceclip4.png

② 招待メールを送信しない書面対象者を入力してください。
  下段に名前が反映されます。
③ 「選択した従業員を『紙ベース』に設定する」をクリックしてください。
mceclip5.png

④ 「今年の紙ベースの年調対象者に名前が追加されます。
mceclip6.png

⑤ 対象従業員の「年末調整の様式」ページから各種様式をダウンロードできます。
mceclip7.png

※表示されている様式を全てダウンロードして印刷してください。
mceclip8.png

※誤って「今年の紙ベースの年調対象者」に設定した場合は、「年末調整の概要」ページから編集画面で「紙ベースの年調」をオンからオフに切り変えて〈保存〉してください。
mceclip9.png

 


3.ウィザード入力依頼メールの送信

※原則として初回のメール一斉送信は、アセンダー にて行います。

従業員に年末調整ウィザード入力依頼メールを送信します。
一覧で送信済みか未送信なのか等、状況を確認することも可能です。

何らかの理由でお客様から送信する必要がある場合、以下の手順で行ってください。

【年末調整ウィザード入力依頼メールの送信・管理
年末調整のウィザード入力依頼の管理画面からウィザード依頼メールを送信します。(管理者操作)
招待メール送信対象者を確認後、メール送信を行います。

① [年末調整]をクリックします。
② [年末調整]-「ウィザード入力依頼の管理」をクリックします。
mceclip24.png

③ 対象者にチェックを入れてください。
④ 「選択を送信する」または「全未送信を送信する」ボタンをクリックしてください。
  対象者を一括メール送信できます。

[管理者機能] – [年末調整] – [年末調整] – 「ウィザード入力依頼の管理」
mceclip25.png


【年末調整ウィザード入力依頼リマインダー設定】
従業員に入力依頼メールを送信後に、情報の入力が未完了だった場合3回までリマインダー通知をすることが可能です。
通知日を設定する場合は以下の画面で指定します。

① [年末調整]-「今年の設定」をクリックします。
mceclip26.png

② 「自動リマインダー」編集画面からリマインダー日を設定して、〈保存〉してください。
  設定した日付に自動的にウィザード未完了者に入力依頼メールが送信されます。
mceclip27.png

※編集できない項目についてはアセンダー 側で設定変更をいたします。

 

次の「管理者用マニュアル②」はこちら

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk